関西のお土産にいかか?「仙太郎」の和菓子で関西の味をお届け

他府県や外国から大阪に旅行にきた人にとって、大阪駅はかなりの確率で立ち寄ることになる場所ではないでしょうか。

ちょっと関西のお土産を買って帰りたい思った時、ぜひお勧めしたいのが和菓子の「仙太郎」です。こちら京都の老舗なのですが、阪急百貨店のうめだ店の地下でも売っているんですよ。

和菓子のお土産はどうしても洋菓子に押され気味ですが、こちらの和菓子はかなり美味しいのでいつもお店は長蛇の列です。甘さが控えめで和菓子が苦手という人にもオススメなんですよ。また、外国人にもぜひ食べてもらいたい和菓子でもあります。外国人の中には日本の和菓子が苦手っていう人も多いようです。理由は甘すぎるからだそうで。実は私も和菓子が少し苦手です。あんこの甘さが苦手で。甘すぎて胸焼けしちゃうんですよね。

けれど、「仙太郎」は和菓子といってもかなり甘さ控えめ。また、甘ったるくない工夫もしてるんです。だから、和菓子が苦手な私が大好きなんです。そういう意味ではきっと外国人でも楽しんでもらえるのでは? 是非、関西の上品な和菓子の味を知ってもらいたいですね。それではさっそく「仙太郎」をレポートします。

「仙太郎」の和菓子はレパートリーがたくさん

「仙太郎」の和菓子はレパートリーがたくさんあります。色んな種類の和菓子が用意されているので、色々と選んで楽しむことができますよ。そんな中でも「仙太郎」お得意の和菓子はお団子、お餅の類です。ひとつひとつがけっこう大振りで意外と食べごたえがありますよ。

IMG_9121

店舗では、このような桶に入れて売られています。こういうふうに全部が見渡せるとついつい数少ないものが人気があるのかと思ってしまい、数少ないものを選んでしまいます。

IMG_9120

おはぎもおいしそうです。何個も食べたくなっちゃいますね。

IMG_9118

こちらは三色団子ですが、とても小さくて彩りもかわいいんです。

さっそく食べてみました

さっそく買ってみました。やっぱりお目当ては青じそ入りぼた餅。

IMG_9150

青じそが入っているかどうかだけの違いではありますが、これがかなり美味しい。和菓子が苦手な人は私も含めて実はあんこがダメっていう人が多いじゃないかと思います。ところが、こちらのぼた餅は青じそ入りなんで、ちょっとした酸味のようなものが感じられ、あんこの味わいを上品に整えてくれます。

何より青じそがおいしいんです。あまり、しそ自体が美味しいとかまずいという言い方をしないと思いますが、こちらのしそは美味しいんですね。また、香りが爽やかに香って、さっぱりとした甘みなんです。

こちらのぼた餅は中にもち米が入っていて、外側をあんこで包んでいます。そして、あんこは白あんです。白あんなのでさっぱりしてこれが青じそとよく合うんですよね。甘い和菓子を食べていると言うより、もち米を食べている感じです。

IMG_9154

ボリューム感もたまりません。1個で十分満足感が味わえます。

IMG_9155

中はもち米が粒になっていておいしい。

そして三色団子。3種類の味が楽しめます。こちらは見た目がかわいいんです。もちもちとしてそれぞれ美味しいのですが、やっぱり私の一番のオススメはぼた餅ですね。あんこが苦手なのに、ここはあんこが美味しいからなんです。あんこの入ったものがオススメです。

IMG_9129

こちらはさくら餅と豆大福。さくら餅は実に上品な味わいです。もち米のつぶつぶ感が感じられて食感も楽しい。また、桜の香りも心持ち濃く感じられ、塩しょっぱい感じが美味しかったです。豆大福は豆の硬めの食感と餅の伸びの良さが相まって、やっぱり塩しょっぱい美味しさです。甘い中にもちゃんとしめるところがしめている感じが甘いだけじゃないんですよね。

「仙太郎」のこだわり

「仙太郎」のこだわりが入っていましたよ。けっこう実直にやってるんですね。青じそって自家製なんだと思うと、さすがだなと思いました。

IMG_9152

みなさん、「仙太郎」はいかがでしたか? 関西の和菓子の実力をぜひお土産に持て帰って帰ってくださいね。

大阪旅行に行ってみませんか?

高速バス

大阪着の高速バス
大阪発の高速バス

飛行機

大阪着の飛行機
大阪発の飛行機

ホテル・宿

ホテルの予約
The following two tabs change content below.
くーちゃん

くーちゃん

国内旅行を中心に気が付けば出かけてしまっています。田舎も都会も貪欲に見て回りたいと思っています。

関連記事