福岡航空券LCC特集!福岡から東京・関西・世界へ羽ばたこう

屋台文化をはじめ、独自の食文化が色濃く残る食の街、福岡。昔ながらの雰囲気と流行がマッチし、スポーツも盛んな九州の大都市に1度は行ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?ここでは、全国の福岡に就航している空港と航空券の価格、そして年間の旅費の変動を紹介していきます。

福岡に就航している航空会社

福岡空港には北海道から沖縄まで全国の主要な空港から直行便で訪れることが出来ます。全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、スカイマークやスターフライヤーなどはもちろん、成田空港からはピーチ航空やジェットスターなどのLCCも利用可能です。他にも関西国際空港や那覇空港からもLCCの運行があるため利用することが出来ます。

福岡に行くならどの航空会社がお得なのか?

①北海道

新千歳→福岡

おすすめなのが、スカイマーク(SKY)を利用した場合、新千歳空港~福岡空港片道9,000円(バーゲン45)です。乗り換えもないので、スカイマーク利用が良いと思いますが、それよりも安い方法というと、LCCを利用した成田空港乗換となります。それではここで、同路線で就航しているLCC路線について整理してみましょう。

<新千歳空港~成田空港>

・バニラエア⇒5,870円~
・ジェットスター⇒7,660円~
・ピーチ⇒6,330円~
・春秋航空⇒6,380円~

<成田空港~福岡空港>

・ピーチ⇒5,780円~
・ジェットスター⇒6,090円~

上記が通常時の新千歳~成田空港、成田空港~福岡空港までのLCC航空会社の就航路線、および最安値料金となります。ただし、成田空港~福岡空港に関しては1,990円セールを行っていることもあります。そのうえ、結構頻繁にセールは行われているので、是非、確認してみてください。ちなみに、LCCのセールの時期としては、

・新しい路線が就航した時
・お盆が終了した9月時期
・毎週金曜日(小さなセール)

などに行われる傾向があります。やはりお盆や年末年始などの繁忙期ではなく、比較的お客が減少する時期にスポットを合わせてきますね。かなり大々的に行われるセールだったとしても「※年末年始は除く」とか小さく書いてあったりするので、注意しておきましょう(年末年始や正月はむしろ他の航空会社より高かったりします)。もしセールの情報を逐一チェックしておきたいという人は、LCC公式のLINEやFacebookなど公式アカウントをフォローしておけば確認できるので、そちらも併せて確認しておけると良いかと思います。

ピーチ公式Facebook

ジェットスター公式Facebook

②東北(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)

仙台→福岡

仙台空港から、全日本空輸(ANA)利用した場合、旅割45 17,600円~(片道)、いわて花巻空港からの場合、日本航空(JAL)を利用し、先得割引、19,300円~(片道)となります。
福岡から東北まではなかなか安く行く方法は難しく、既存の航空会社を利用したい場合には、宿泊がセットになったパッケージ旅行(航空券+宿泊等)がおすすめです。航空券のみを利用されたい場合には、成田空港まで行き、LCCを利用して片道1,990円~(セール時)を利用した方が安い場合もあります。福岡空港~成田空港までの就航路線に関しては上記と同じで、東京~東北に関しては残念ながら、まだLCCは就航していません。そのため、羽田空港からLCCではない航空会社を使うか、あるいは、高速バスや東北新幹線などを駆使して東北の方へ足を運ぶ必要があります。LCCに関しては今後就航する方向にあるとのことなので、東北~成田、東北~福岡まで開通することを期待しておきましょう。

③関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)

羽田→福岡
成田→福岡

関東地区は圧倒的に、成田空港発のLCCを利用するのが一番です。片道1,990円~(セール時)は、 非常に安いです。航空会社は、ジェットスター (Jetstar) 、ピーチ・アビエーション(Peach)がありますが、出張も多いせいか、LCC利用の出張のパッケージ(航空券+宿泊)があります。その場合、宿泊も含めて、1泊2日で10,000円以内の旅行代金もありますので是非おすすめです。また、茨城空港から福岡空港までの直行便もあります。スカイマークのバーゲン45で8,600円~ですので、電車賃や所要時間も考えれば、利用した方がお得です。

<成田~福岡間のLCC体験記>

福岡~成田間はジェットスターで何度も私自身行き来した経験があるのですが、LCCのおかげで相当時間的にも費用的にもアクセスの便が良くなったと感じます。LCCが日本に就航するまでは金銭的節約のために高速バスを活用していたのですが、これは10時間以上かかり相当行き来しにくかった苦い記憶が…。それと比較すると、座席の狭さを嘆く声もありますが(そりゃあJAL・ANAと比べたら)、全く気にならないというものです。なので一度で良いので関東まで頻繁に足を運ばれる方は、LCCを使ってみてはいかがでしょうか?

④中部(新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知)

中部国際→福岡
新潟→福岡

新潟空港から福岡空港まで、全日本空輸(ANA)を利用した場合、旅割45 18,800円~(片道)、小松空港(石川)から福岡空港まで、アイベックスエアラインズ(IBX)を利用した場合、IBEX45 12,500円~(片道)、富士山静岡空港から、フジドリームエアラインズ(FDA) 利用した場合、45割(WEB限定)12,000円~(片道)、信州まつもと空港からフジドリームエアラインズ(FDA) 利用で、16,500円~です。
中部国際空港 セントレアからは、やはり、LCCのジェットスター (Jetstar) の利用が一番安く、セール時片道3,990円~です。

⑤近畿(三重、滋賀、奈良、和歌山、京都、大阪、兵庫)

伊丹→福岡
関西→福岡

やはり、関西国際空港発のピーチ・アビエーション(Peach) 利用が非常に安いです。セール時2,490円~(片道)で購入でき、1日4便でているので便利です。その他の地域で電車賃も含めると高い場合もあります。その場合には、乗り換えがある可能性がありますが、旅行パッケージ(航空券+宿泊)をおすすめいたします。

⑥中国(岡山、広島、鳥取、島根、山口)

出雲→福岡

飛行機を利用されたい場合には、LCCを利用して関西空港から出発された方が安いです。中国地方は電車の利用もありますので、どちらが安いかその都度、検討が必要です。各出発地によって異なりますが、博多駅まで電車ですと約3時間~かかります。出雲縁結び空港から、日本エアコミューター(JAC) を利用しウルトラ先得17,200円~、所要時間は1時間15分です。

⑦四国(香川、徳島、愛媛、高知)

徳島→福岡
松山→福岡

松山空港から、日本エアコミューター(JAC) を利用しウルトラ先得10,300円、徳島阿波おどり空港から日本エアコミューター(JAC) 利用、ウルトラ先得 12,000円、高知龍馬空港から日本航空(JAL)利用、ウルトラ先得18,000円。四国から福岡に行かれる場合には、高速バスやフェリーなどの利用もありますが、非常に時間がかかります。

⑧九州(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、石垣島)

宮崎→福岡
鹿児島→福岡

九州地区から、福岡空港まで行くのは高速バスが全体的に安い傾向があります。飛行機の場合には、五島福江空港(長崎)全日本空輸(ANA) 旅割55 11,500円、対馬空港(長崎)全日本空輸(ANA)旅割55 8,500円、天草空港(熊本)天草エアライン(AMX) 早勝7 11,400円、宮崎空港から
全日本空輸(ANA)旅割55及び日本航空(JAL)スーパー先得の利用の場合には、共に5,700円。
アイベックスエアラインズ(IBX) を利用すればIBEX45  5,000円です。所要時間を考えても飛行機で行かれた方が賢いかもしれません。
その他、鹿児島空から日本エアコミューター(JAC) 先得割引 9,800円、屋久島空港(鹿児島)から日本エアコミューター(JAC) 先得割引 18,200円、奄美空港(鹿児島)から日本エアコミューター(JAC) 先得割引 19,300円です。 那覇空港からはLCCが運航されておりますので、セールの航空券を購入できれば、ピーチ・アビエーション(Peach)1,990円から利用できます。新石垣島空港からは、全日本空輸(ANA) 旅割55  19,500円です。
(注意: 2016年5月現在の料金となっております。予めご了承下さい。)

福岡行き航空券の年間の相場

繁忙期の年末年始、お盆、大型連休などの旅行や帰省のシーズンは、既存の航空会社の料金が、15,000円~20,000円の差異がある場合があります。基本的にはあまり割引を行っておりません。LCCの場合は、九州地区でセールを行う場合もありますが、繁忙期の場合、10,000円を超えることもあります。

1月-3月

年始は、割引料金の適用がほとんどなく非常に高いです。

4月-6月

ゴールデンウィーク期間は高いです。

7月-9月

お盆時期は高いがその時期を避ければ平均的な価格です。

10月-12月

年末は高いですが、その時期を避ければ平均的な価格です。

福岡⇒東京のLCC一番のオススメは?

数ある中でも福岡⇒東京の就航路線は非常に人気な路線になりますが、この区間における一番のオススメはジェットスターでしょう。LCC各社の中でもやはりダントツに運賃が安いというのが理由です。唯一のネックが羽田空港ではなく成田空港着なため、東京都心へのアクセスが悪いという点ですが、バスは比較的空いている傾向にあるので快適に過ごすことができます。航空会社を選ぶ基準が「価格」の人はぜひジェットスターを選んでみることをオススメ致します。

福岡に就航している国際LCC会社

福岡に就航しているLCC航空会社に関しては、国内線は勿論、国際線も非常に充実しつつあります。具体的な路線についてここで見て行きましょう。

①ジェットスターアジア(シンガポール・タイ)

ジェットスターアジアを使って福岡空港から就航している路線は以下の通りです。

■福岡⇔タイ(バンコク)
■福岡⇔シンガポール

今アジアでも勢いのある東南アジアにLCCを使って行けるのはとても便利ですね。同路線は2014年の6月27日から開設されており、3国間を結ぶ新しい路線として最近就航しています。

②チェジュ航空(韓国)

チェジュ航空を使って福岡空港から就航している路線は以下の通りです。

■福岡空港⇔インチョン空港

ソウルを拠点とする航空会社のチェジュ航空は、福岡から韓国を自由に行き来できる航空会社であり、同拠点を1時間~1時間半の所要時間で移動することが可能です。また、福岡空港だけでなく、成田・関西・名古屋とソウルも就航しています。

③ティーウェイ航空(韓国)

ティーウェイ航空を使って福岡空港から就航している路線は以下の通りです。

■福岡空港⇔仁川(ソウル)空港

所要時間は1時間~1時間20分、1日2便体制で同空港を結んでいます。まだまだこれからに期待できる路線ですね。

④ジンエアー(韓国)

ジンエアーを使って福岡空港から就航している路線は以下の通りです。

■福岡空港⇔インチョン空港

こちらも上記航空会社と同じように、福岡と韓国を結んでいる航空会社になります。福岡以外にも札幌・東京・大阪・沖縄とソウルを結んでおり、日本全国どこでもから利用することのできる便利な航空会社です。

LCCを利用して福岡旅行を楽しもう!

福岡の場合、料金的には繁忙期を除ければ、通年の航空券の料金はあまり変わりません。週末出発などは、若干高くはなりますが、LCCを利用したり、JAL・ANAの早割を利用して早めの予約を行いご旅行されるのが一番です。

TRIP STAR[ 格安航空券予約サイト ]

トリップスター

複数の航空会社の運賃を一度に比較することができます。片道のみの予約・往復での予約、どちらもストレスなく検索することができます。

リンク
http://japanflight.tripstar.co.jp/

関連記事