【神戸】櫻正宗櫻宴でお酒の知識を深めよう!~ショップ編

櫻正宗のお酒の記念館である櫻宴では、お酒の老舗だけあって、お酒のことをいろいろと知ることができる施設でもあるんです。その中でも、櫻宴のショップでは、こちらのおいしいお酒がたくさん用意されています。そして、忘れてはいけないのがお酒のおつまみです。おつまみもおいしくなくちゃお酒も進みませんよね。というわけで、こちらのショップでは、こちらの色んなお酒とともに、おいしいおつまみが売っています。さて、どんなものがあるのでしょうか? さっそく見てみましょう。

櫻宴は酒蔵通りにあります

さて、櫻正宗記念館の櫻宴なのですが、神戸の魚崎にあります。阪神魚崎駅から5分ぐらいで到着です。看板が出ているので、それに沿って歩いていけばすぐにわかりますよ。この道は酒蔵通りっていうのですね。まさにそんなお酒の町の雰囲気が出ていました。

ちょうど櫻宴が近づいてくるとお酒の甘い香りがするんですよ。

酒は一言で語れないほど奥が深いものです

img_9552

さて、こちらにはお酒にまつわる言葉が辞典になっていました。

img_9553

その数こんなにたくさんです!これらの言葉、使いますよね。ずいぶんとお酒にまつわる表現は潤沢にあるんですね。これはつまり味の妙を的確に表現できるということですね。すごい!ただ、これだけ表現が多いと、実際に言われている言葉とこれらの意味が一緒なのかどうかちょっと気になりますね。

さっそくショップでお買い物をしてみよう

さっそくショップでお買い物をしてみましょう。ショップは1階で櫻蔵といいます。

不思議なものを見つけました。こちらは馬の蹄鉄です。馬の蹄鉄が売っているんですね。開運蹄鉄だそうです。

グルメと言えば、牛丼がありました。これはなんだかおいしそうな牛丼です。

もちろん、おつまみもそろっていますよ。サーモンフライは珍味を極めているそうです。これはお味見をしてみたいですね。

京都といえば丹波の黒豆が有名ですね。黒豆おかきがありました。

黒豆といえば、黒豆ケーキも王道ですよね。

こちらは備長炭のカシューナッツです。どうも「カンブリア宮殿」で話題になったようですよ。真っ黒なカシューナッツでなんだか不思議な食べ物のように見えてしまいます。こわごわ食べてみたいですよね。

こちらは櫻正宗オリジナルの酒まんじゅうですね。お酒のお店といえば、やっぱり酒まんじゅうですよね。お酒のおいしいところの酒まんじゅうはやっぱりおいしいはずですよね。

お酒はお手頃なものからお値打ちなものまで

もちろん、櫻宴に来たからには気になるのはお酒です。お酒は1000円までの安いものから1万円ぐらいの高いものまで色々とそろえているので、お家用から進物用までいろいろとそろいますよ。

こちらのお酒は「灘の生一本」です。灘のお酒というとそれだけでおいしそうですよね。灘酒研究会のお墨付きです。お酒好きの正統派酒という感じですね。

こちらのお酒はなんと金賞受賞作品なんですね。山田錦とはお米の名前でお酒造りに最適なお米だそうですよ。

女性が好みそうなお酒もたくさんありましたよ。こちらはにごり酒です。乳白色がなんだかかわいいですね。

こちらは大吟醸神戸桜です。ピンク色がかわいくて女性には最適ですね。

桜色といえば、こちらもそうですね。こちらは2本で1315円です。小瓶とはいえ、お手頃でいいですよね。

こちらは吟醸です。ボトルがブルーで素敵ですね。涼しげな印象ですね。

こちらは花雫という名のお酒です。おしゃれなネーミングですよね。

もちろん、本格派日本酒もあります。こちらは1万円近いお酒です。恐れ多くて簡単には飲めませんね。ただ、老舗の一万円となれば、味は期待できそうです。

櫻宴でお酒が好きになったら、今度は酒器に凝ってみてはいかがでしょうか。おいしいお酒をお気に入りの酒器に入れて飲むと気分も全然違ってきますよ。色んな酒器を少しずつ集めて、さらにお酒の道を深めていければ楽しいですよね。

いかがでしたか? いろんなお酒、おつまみがそろっているので、いろいろと買って味わってみましょう。ここでしかないものもたくさんあるので、買い逃さないようにしましょうね。

The following two tabs change content below.
くーちゃん

くーちゃん

国内旅行を中心に気が付けば出かけてしまっています。田舎も都会も貪欲に見て回りたいと思っています。

関連記事