【神戸】櫻正宗櫻宴でお酒の知識を深めよう!~カフェ編

神戸の魚崎にある櫻正宗記念館の櫻宴は、お酒の知識を深められる資料館のほかに、お酒が飲めるレストランやお酒にちなんだお料理が食べられるカフェ、お買い物ができるショップなどがあります。施設の真ん中には池があり、橋を通って渡るという面白い空間でもあります。そんな櫻宴なのですが、お酒の老舗でもあるう櫻宴でぜひ食べたいのが酒粕うどんです。おいしいお酒の酒粕は当然おいしいはずですよね。ということで、さっそく酒粕うどんを食べに行きました。レポートします。

櫻宴のカフェに酒粕うどんはあります

櫻宴では、カフェは1階にあります。ちょうど1階は振り分けになっていて、カフェとショップに分かれているのですが、カフェのほうで酒粕うどんは食べることができます。2階にもレストランがあるのですが、酒粕うどんは1階のカフェにあるので、間違えないようにしましょう。店内はカフェだけあって、コーヒーやスイーツもいただけます。スイーツは酒粕の入ったケーキなどもありましたよ。

img_9498

店内はこんな感じです。お店は比較的すいています。私が行った時もお客は1組だけでした。スタッフさんもカフェとショップの両方を切り盛りしているようで、カフェにいない場合もあります。そんな時は隣のショップからスタッフさんを呼んできて注文をしましょう。お店の壁には古い時代の櫻正宗のポスターやチラシなどが貼られています。注文を待っている間、それらを楽しむのも面白いですね。

img_9499

部屋の奥にはなにやら変わったものが展示されていました。おや、あれはなんでしょう?

img_9505

こちらは酒樽のようです。ずいぶんと古いもののようです。すっかり板もボロボロになってしまっていますが、オブジェとしてはとても印象的ですぐに目にはいりました。古い時代にはこれらが活躍していたのでしょうね。

img_9501

なぜか店内はほかにも古いものがいろいろとありました。古びた扇風機がありました。多分、もう使えないと思います。資料館としての資料としてこういう古いものも置いているのでしょうね。

子供がいても大丈夫!定食もあります

さて、さっそく酒粕うどんを注文しました。酒粕うどんは注文してから裏で作ってくれるようでしばらく時間がかかります。その間、店内をうろうろとしていてもいいし、隣のショップに行ってても大丈夫です。

img_9536

こちらが酒粕うどんです。中は大根、にんじん、こんにゃく、お肉とまさに粕汁の具です。粕汁の中にうどんを入れたって感じでしょうか。味もそんなかんじです。まったりとしていて、お酒のほんのりとした香りが感じられます。うどんがじゃましません。七味をかけるとパンチが効いておいしかったです。やっぱりここに来たからにはこれを食べなきゃですよね。

お子さんの場合、粕汁うどんは苦手かもしれません。少しお酒の香りが強いですからね。でも大丈夫です。子供でも食べられるメニューは用意されていますよ。

img_9544

こちらは子供も大好きな唐揚げ定食です。こんな定食もちゃんと用意されているんです。うれしいですよね。

img_9546

ちょっと和風な感じの唐揚げがメインです。野菜がたっぷりついていて唐揚げなのにヘルシーなイメージですね。

img_9549

それから煮物がついていました。こちらも薄味でおいしかったです。

img_9547

これなんだと思いますか? よもぎ麩です。もちもちしておいしかった!こういうちょっと変わったものってうれしいですよね。唐揚げ定食なのに、ちょっと和風っぽく仕上げてあり、年配の人でも喜ばれそうです。

ケーキセットもあるので、ちょっと休憩というときに使ってみてもいいですよね。

「櫻宴」いかがでしたか? お酒のことを知れるだけでなく、グルメも楽しめるので、「櫻宴」はいろんな楽しみ方ができそうですね。

The following two tabs change content below.
くーちゃん

くーちゃん

国内旅行を中心に気が付けば出かけてしまっています。田舎も都会も貪欲に見て回りたいと思っています。

関連記事