ダシブーム到来!大阪にダシカツ丼が誕生。ホワイティ梅田の「とんかつ豚晴」

いまダシが注目されていますが、大阪にはカツ丼にダシをかけて食べるダシカツ丼が誕生しました。カツ丼といえば、脂っこくがっつりしたものを想像してしまい、女性はついつい敬遠してしますが 、ダシをかけてひつまぶしのように食べるとあっさりするので、女性にも人気なんですよ。さて、ダシカツ丼、いったいどんなものなんでしょう? さっそく見ていきましょう。

場所はホワイティ梅田の「とんかつ豚晴」

場所はホワイティ梅田の豚晴さんです。豚カツの専門店でたくさんの種類があるのがいいですね。

こちらを見ると限定ランチがかなり安くて気になります。なんと800円。そこで、今回は限定ランチとダシカツ丼を頼んでみました。

雰囲気のある店内で豚カツが食べられる

お店のテーブルです。テーブルを庭のように切っているなんて、なんともおしゃれですね。ちょっとした日本料亭の雰囲気です。ただ、周りに豚カツソースや塩などが置かれていて、微妙に庶民的。なんだかこのアンバランスさがほっとしますね。

豚カツソースはこんな感じ。壺から尺ですくってかけられます。なんだかついついすくってみたくなってしまいますね。

こちらはサービスランチメニューです。 なかなかリーズナブルなのが嬉しいですよね。

サービス定食VSダシカツ丼

まずやってきたのは限定ランチです。たった800円ですが、まったく遜色ありません。ご飯とお味噌汁と香の物が付いていましたよ。そして、なんとご飯、キャベツ、お味噌汁はおかわりできるんです。これはうれしい。

お肉はこんな感じ。かなり大きいです。おとなりにあるのはエビフライですね。ちゃんとタルタルソースがついていておいしそうです。豚カツはソースでエビフライはタルタルソースで、と味が変えられるところがうれしいですね。揚げ物がっつりで見ただけでお腹いっぱいになりそう。しかし、コスパはかなりいいですよ。

こちらはお味噌汁です。ちょっと具が少ない気もしますが、おかわり自由なので仕方がないですね。いい味が出ていましたよ。

ご飯もつやつやですね。さっそくいただきます!

エビフライもこんなにぷりっぷりです。

あ、奥にがしょうが焼きが隠れていましたよ!タレがしっかりついています。とにかくがっつりでボリューム満点です。

さて、こちらはダシカツ丼です。まさにひつまぶしのような様相ですね。こちらも香の物とお味噌汁つきです。手前の鉄瓶に入っているのがダシです。カツ丼として食べてもよし、ダシをかけて食べてもよしと色んな食べ方が楽しめそうです。手前にある器にちょっとずつ盛って食べます。

カツには錦糸卵ともみ海苔がかかっていました。ダシカツ丼だけあって、どことなく和風ですね。

カツの下にはなんとかつおぶしが敷かれていました。ダシをかければこのかつおぶしが香りだす仕組みです。なかなか心憎いですね。ちゃんとカツ丼だけでもおいしくいただけるよう味がついているんですよ。

それでは、まずオーソドックスに普通のカツ丼として食べていきましょう。こちらがメインのカツ丼です。色よく揚がっておいしそうですね。さっそくいただきます。

お肉も脂身が少なくて、あっさりでおいしいです。まさに和風のカツ丼という感じですね。

次はさっそくお椀に入れてダシをかけてみましょう。ダシはかつおだしのようですね。いい香りが香ってきましたよ。

カツにダシがひたひたに浸ってさらにマイルドな味わいになりました。まるでお茶漬けのようにさらさらっといけちゃいますね。カツのがっつりした感じもずいぶんと抑えられて、優しい味わいでしたよ。

食後はお茶をいただきました。ごちそうさまでした。

豚晴はいかがでしたか? いろんな種類の豚カツがあるので、みんなで色々ととってシェアするのも楽しいかもしれませんね。是非ホワイティ梅田に寄った際には食べてみてくださいね。

大阪旅行に行ってみませんか?

高速バス

大阪着の高速バス
大阪発の高速バス

飛行機

大阪着の飛行機
大阪発の飛行機

ホテル・宿

ホテルの予約
The following two tabs change content below.
くーちゃん

くーちゃん

国内旅行を中心に気が付けば出かけてしまっています。田舎も都会も貪欲に見て回りたいと思っています。

関連記事