あわじ島玉ねぎソフトも食べられる!「道の駅うずしお」で淡路島を楽しむ

淡路にいま注目されている道の駅があるんです。その名も「道の駅うずしお」です。 道の駅といえば、新鮮なその土地の野菜や果物が売っているイメージが強いと思いますが、「道の駅うずしお」はそれだけではないです。鳴門のきれいな風景も堪能できます。また、淡路の名物グルメもここで食べることができるんですよ。もちろん、お土産は淡路島中のものがあるんじゃないかというほどの充実ぶりです。それではさっそく、「道の駅うずしお」をレポートします。

うずしお展望台からうずしおが見えるんです

「道の駅うずしお」にはうずしお展望台があります。そこに出てみると、広大な風景が広がっているんですよ。こちらは海にかかる大橋です。なかなか立派ですよね。

あれがうずしお? 海面になんだかうずのようなさざ波が立っています。うずしおは天候によっても変わってくるそうで、今回はっきりしたうずしおを見ることはできなかったのですが、ここではうずしおが見えるようですよ。

展望台もあるそうです。展望台からはもっと素敵に見えるかもしれませんね。

展望台からの風景はとにかく広大です。こんな景色を見たら、色んな小さな悩みも吹き飛んでしまうかのようです。心が洗われますね。

色んなものが買いたい!道の駅はやっぱりお買い物がメイン

道の駅といえばやっぱり気になるのはお買い物。めあてはご当地ものですよね。こちらの道の駅は品揃えが豊富です。もちろん、ご当地ものもちゃんとそろっていました。

淡路島と言えばやっぱり玉ねぎ。甘い玉ねぎは是非こちらで買っておきたいところ。ここでもしっかり売っていましたよ。

なんだかかなり甘いらしいのです。「蜜玉」というそうで、なんだかここまで宣伝に力が入っていたら、ちょっと食べてみたい気になってしまいますね。

メディアにも登場したそうです。わあ、これは買っておかないとだめですよね。美味しすぎる奇跡のたまねぎです。一度は食べてみなくては。

もちろん、たまねぎの加工品もたくさんありました。こちらは玉ねぎカレー。こういうレトルドって使いやすくていいんですよね。おみやげにも喜ばれそうです。

玉ねぎスープもありました。試飲できちゃうところがまた素敵ですね。濃厚でおいしい味わいでした。

花びらオニオンチーズです。これはここだけの商品だそうですよ。オニオンなのにオニオンの臭みはまったくありません。ちょっとしたおつまみですね。

それからお酒。お酒もご当地ものがたくさん出ているので集めたいもののひとつですよね。こちらは網に入っているのですが、なんだか玉ねぎの網を連想させられます。きっとそこを狙っているんだと思います。

「道の駅うずしお」だからある!ここだけのご当地グルメ

「道の駅うずしお」では実は大人気グルメがあるんです。それがこちら、ご当地ソフトクリームです。特に気になったのはあわじ島玉ねぎソフトです。玉ねぎというと、ピリ辛イメージがあるので、ソフトクリームはさすがにあわないと思いますよね? というわけでさっそく食べてみました。

ソフトクリームは甘いので、その甘さに玉ねぎも合わせないとなりませんよね。そこで、こちらの玉ねぎ、この色でわかるでしょうか? 実はあめ色玉ねぎなんです。あめ色玉ねぎの甘さとソフトクリームの甘さを合わせているんですね。なかなか考えましたね。

「道の駅うずしお」いかがでしたか? こちらではご当地ならではのものがたくさん集まっているので、たいていの淡路島のものはそろってしまいます。ドライブがてら、トイレ休憩のついでにお土産を買っていくのもよし、小腹を満たすのもよし、風景を眺めて心癒されるのもよしです。ぜひ寄ってみてください。

The following two tabs change content below.
くーちゃん

くーちゃん

国内旅行を中心に気が付けば出かけてしまっています。田舎も都会も貪欲に見て回りたいと思っています。

関連記事