大阪で食す愛媛の郷土料理の鯛めしがうまい!

四国の郷土料理といえばやっぱり思い出すのは香川のうどんですよね。うどん県という異名を持つほどに、香川のうどんはコシがあって美味しいです。香川県は製麺所があちこちにあるから、朝から朝食代わりにうどんを食べることができるっていうほど、うどんは市民の生活と切っても切り離せないものになっているようですよ。

しかし、今回ご紹介したいのは鯛めしです。愛媛で鯛めが名物ってみなさんご存知でしたか? 私は知りませんでした。鯛めしって焼いた鯛を混ぜたご飯と思っていたのですが、愛媛の鯛めしは生魚を使うんです。鯛のお魚はもちろんのこと、生卵とタレを絡めて食べるというスタイルも面白く、とても美味しかったのでレポートします。

香川の讃岐うどん〜王者は健在です

さて、四国瀬戸内物産展を開催していたのは大阪阪急百貨店うめだ店です。

まずはうどんをチェック。やっぱり四国といえば香川のさぬきうどんですね。今回来店されてたのは、さぬきうどんの「めりけんや」さんです。えび天やあなご天ののっているものがやっぱり美味しそうですね。天ぷらもカラッと揚がっていて美味しそうですよ。

IMG_0339

冷たいタイプと熱いタイプの2種類があります。

IMG_0338

やはりみなさん、四国といえば香川のうどんと思ってるようで長蛇の列です。もうこれは仕方がないですね。うどんは四国名産の王者でしょう。

IMG_0340

宇和島の鯛めし〜限定地区だけのレア商品

うどんも食べたいけれど、やっぱり気になるのは鯛めしです。鯛めしで今回来店されていたのは「ほづみ亭」さん。鯛めしは四国愛媛の宇和島の郷土料理となります。

IMG_0337

色んな種類があります。さつま丼というのもちょっと気になりますね。でも、ここは浮気せずに正統派鯛めしをいただきましょう。

IMG_0336

宇和島の土地はリアス式海岸なので、それを生かして養殖が発達したそうです。鯛もその養殖のうちの1つで、鯛の養殖では日本一の産地だそうですよ。そこで、発達したのが鯛めしです。

私は鯛めしと言うと、焼いた魚とご飯を混ぜたものという印象があったのですが、実は愛媛でも鯛めしは東予地方と南予地方で変わってくるようです。東予地方では、私が思っていたような一尾丸ごと焼いた鯛を、醤油や塩で味付けして、ご飯にのせたような鯛めしが作られていて、南予地方では、こちらの「ほづみ亭」さんのような鯛の刺身をご飯にのせ、タレと生卵にからめて食べる鯛めしが作られているようです。同じ愛媛でもこれほど違いがあるんですね。

ということは、かなりレアということではありませんか!ここで食べなくてはもう出会うチャンスがないかも? これは食べておかなくちゃ。

IMG_1074

こちらにも締めで食べると書いていますね。「ほづみ亭」はこんなお店だったんですね。

IMG_1063

こちら、宇和島の鯛であることの証明です。どこかの養殖マグロの卒業証書のようですね。この証明があるということは安心安全ということ!

さっそく食券を買ってのれんをくぐりました。

IMG_1053

こちらが食券です。並盛で890円。なかなかお手頃です。

会場はこんな感じです。なんだかシックで落ち着きますね。

IMG_1057

会場に貼られていた「ほづみ亭」のお土産を見ながら、鯛めしが出てくるのを待ちます。こちらの「ほづみ亭」さんは、梅やしょうゆをはじめ、色々なものを作っているようで、こちらの方にツアーなんかでいけば、立ち寄り場所になっているのかもしれませんね。ちなみにこちらのお土産はすべて会場でも売っていました。

IMG_1055

いよいよ鯛めしがやってきましたよ。わお!お漬物付きです。

IMG_1058

さっそくいただきます。するとびっくり。何か魚の下からとろっとしたものが。はじめはタレかと思ったのですが…。そういえば…。

IMG_1060

この写真、見てください。そうでした、生卵が入っているんですね。なので、このとろっとしたものは卵ですね。熱々の白ご飯に挟まれて生卵が入っています。

IMG_1072

このようにごはんにも味がついていて、まるで手ごね寿司のようです。タレの甘辛い感じもとても鯛のお刺身にあいます。鯛も生臭くなくとてもおいしかったですよ。ごちそうさまでした。

IMG_1062

今まで食べたことのないようなものを食べてみるのは楽しいですよね。是非皆さんも色々と探して食べに行ってみましょう。

大阪旅行に行ってみませんか?

高速バス

大阪着の高速バス
大阪発の高速バス

飛行機

大阪着の飛行機
大阪発の飛行機

ホテル・宿

ホテルの予約
The following two tabs change content below.
くーちゃん

くーちゃん

国内旅行を中心に気が付けば出かけてしまっています。田舎も都会も貪欲に見て回りたいと思っています。

関連記事