海の見える場所にあるロマンチックなクリスマスツリー!2016年の神戸クリスマス1

関西圏でクリスマスが一番似合う街と言えば神戸でしょう。特にハーバーランドができてからは、港の風景とクリスマスイルミネーションが同時に楽しめるスポットとして、人々の人気を集めてきました。2016年のクリスマスは、神戸で楽しみたい!っという人のために、いち早く神戸のクリスマス事情を見ていくことにしましょう。

クリスマスデートにマッチしたモザイク

ハーバーランドの中でも海に面するロマンチックな場所にモザイクはあります。レストランやショップを中心とした神戸らしい観光スポットです。JR神戸駅からはディオ神戸という地下のショッピングストリートから人の流れる方向に身を任せて進んでいくと自然とumieというショッピングモールに到着します。さらに空中回廊を介して海の方へと歩を進めるとモザイクに到着します。

対岸からモザイクを見ると海に面したところにあるのが確認できます。二階にはデッキがあって海を眺めることのできるスポットになっています。

それではumieからの連絡路となっている空中回廊からモザイクへと進んでいくことにしましょう。空中回廊からは眼下にモザイクの運河のライトアップの模様が楽しめます。ここにも無数のレストランが点在しています。

この運河沿いを歩くのもロマンチックでよさそうですね。道路沿いの街路樹もライトアップされていてきれいです。

空中回廊からモザイクへと入ったところにもクリスマスの飾りつけがされていました。期待感が高まっていきます。

石畳の地面なので地上のように見えますが、ここは2階のメインストリートになります。屋根はなくオープンエアになっています。両脇にはショップが軒を連ねています。レストランはこのメインストリートの裏手の通りや3階、1階にそれぞれあります。

海の見える場所に出るとそこには観光船であるコンチェルトが発進しようとしているところでした。モザイクの1階がコンチェルトの受付になっていて、このモザイク前の岸壁から乗り込むことができるのですよ。

モザイク下の広場は、そのまま海と接していて、誰でも海の際まで行くことができます。神戸の海は瀬戸内であることもあって、いつも穏やかです。ここにいれば幾種もの観光船が目の前を通っていく姿を楽しむことができます。

モザイクの海の見えるデッキに出てみることにしましょう。昔はここにクリスマスツリーが飾られていました。しかし2016年は別な場所に置かれています。

デッキにみんなは腰かけて、ポートタワーをはじめとする神戸の絶景を眺めています。夕暮れ時にもなるとポートタワーに赤い明かりが灯って、さらにムードが高まります。じっくりと神戸の風景を眺めるのにはうってつけの場所ですね。

一番のおすすめスポット!海の見える場所にあるクリスマスツリー

それでは、お目当ての海の見える場所にあるクリスマスツリーのところに参りましょう。さっきのデッキよりもさらに観覧車のある南側へと歩を進めるとクリスマスツリーのある場所にたどり着けます。

夕暮れ以降はクリスマスツリーの点滅が始まるので、やはり夕暮れ以降の時間を目指して行くのがいいでしょう。後ろの観覧車も様々な色のイルミネーションで花を添えます。

よく見るとランプシェードをモチーフにしたデザインになっていました。可愛いですね。

対岸には神戸メリケンパークオリエンタルホテルの姿が見えます。夕暮れ時になると何もかもがトワイライトブルーに染まっていきます。ここでクリスマスのクライマックスを迎えるというのもロマンチックでいいですね。

クリスマスツリーの前にはベンチも用意されていますので、運が良ければ特等席をゲットできるかもしれませんね。

海の見える場所にあるクリスマスツリーはいかがだったでしょうか。モザイクはもう今からクリスマスモードに変身していますので、早めに神戸に来て、一足お先にクリスマス気分を味わうのもいいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
くーちゃん

くーちゃん

国内旅行を中心に気が付けば出かけてしまっています。田舎も都会も貪欲に見て回りたいと思っています。

関連記事