関西をギュッと堪能して帰ろう!大阪を出る前には新大阪「アルデ」にGO!

関西の入り口といえば新幹線が挙げられますが、関西といえばやっぱり新大阪です。そんな新大阪なんですが、最近ウメキタエリアに新駅ができることが決まり、新大阪はいま、観光客の誘致にやる気満々なのです。新大阪では新施設「アルデ」が、関西に来たからにはぜひ寄りたい有名店をギュッと凝縮、おいしいお店や関西らしいお土産が勢揃いしているんですよ。そんな新大阪の「アルデ」ご紹介します。

何をおいてもまずグルメ!大阪に来たなら食べて欲しいお店が勢ぞろい

がっつりいきたいときはやっぱり焼肉です

トップバッターは「大阪焼肉松屋」さんです。焼肉なんて全部同じと思っていると大間違いです。関西と関東では、うどんの味も違うように、タレの味も違うんです。大阪には大阪のタレの味があるんです。食いさおれの大阪だけあって、焼肉たりとも東京には負けませんよ。口うるさい大阪人をうならせる味をぜひ食べて行ってください。そういう土地らしいものを感じるのもまた大阪に来た醍醐味ですよね。

表にも大々的に「秘伝のタレ大阪の味」ということで張り紙が張られていますよ。「大阪の味」、さてどんな味でしょうね。表には農林水産賞の表彰状が堂々とはられておりました。これは期待できそうですね。

お手軽お値段のランチもあって、気負いなく食べられるところもうれしいところです。おや、お弁当もあるようですよ。

ショーケースにありました!焼肉弁当です。これだと新幹線の中でも持ち込んで食べれるのでうれしいですね。

大阪の粉モン文化を体験したい

大阪といえば、やっぱり粉モンですね。粉モンといえば、お好み焼きですよね。まさにソウルフードです。ちなみに中国語ではお好み焼きのことを「大阪焼」と言うほどに、外国でも大阪のお好み焼きは市民権を得ているようです。

粉モン激戦区大阪の中でも「ぼてぢゅう」といえば関西人はみんなが知ってる名店です。ぜひ本物の大阪の味を堪能してください。大阪のお好み文化は長い歴史があるので、各家庭でも少しずつ材料や味が違うものなんです。つなぎに卵を入れるとか、山芋を入れるとか、ダシにカツオを使うとか、アゴダシにするとか、意外とお好み焼きを語らせると雄弁になるのが関西人です。

また、ねぎ焼きというのもあってねぎまみれのお好み焼きをポン酢で食べる文化もあるんですよ。ぜひ大阪の底力食べてみてくださいね。

らーめん亀王は大阪お初天神の味

img_6433

九州ラーメンといえば、やっぱり「らーめん亀王」です。

img_6435

しかし、こちらの「らーめん亀王」は大阪お初天神で生まれたお店なんですよ。今では関西のあちこちで展開しているので関西人で知らない人はいないのではないでしょうか?

熊本とのコラボ商品もありましたよ。熊本の「トマトつけ麺」です。大阪の味に熊本の味が加わると、さてどんな味になるでしょうか。お楽しみですね。

大阪出るとき連れてって!お土産はこちらで決まり!

おいしいお店ももちろんですが、ここ「アルデ」はお土産も充実しているんです。

こちらは「おきな昆布」です。この昆布、大阪名物なんですよ。 日持ちがいいのでお土産に最適ですね。

大阪に来たからには狙いたいのが限定品。こちらは「中之島ラスク」です。中之島は大阪の地名ですが、中之島のあたりはちょっとしたスイーツ激戦区でいま注目されているところでもあります。中之島の激戦区の味、一度は食べて見たいですね。

こちらは「マダムシンコ」のバウムクーヘンです。「マダムシンコ」は関西では行列になるスイーツ店でもあります。経営者のシンコさんがとても個性的な方で、派手な格好をしてメディアに出るようになったところからも関西では知らない人はいないんじゃないでしょうか。味はやや甘めなので、甘党の人にはおすすめです。

定番といえばこちらも定番中の定番です。関西で根強いファンを持つスイーツショップ「五感」のもので、素材が地元のものを厳選していることで、子供にも安心してあげられるお菓子として定評です。

「アルデ」では、京都のお土産も扱っています。外国のお土産などはやっぱり抹茶のものが喜ばれますよね。宇治抹茶は名前も有名で高級感があるので、お土産としては最適ですね。

新幹線内で食べることを考えたら、「551の蓬莱」もおススメです。大阪グルメの定番中の定番なので、一度は食べてみてほしい味ですね。

いかがでしたか? 大阪の旅の最後に是非利用して見てくださいね。

大阪旅行に行ってみませんか?

高速バス

大阪着の高速バス
大阪発の高速バス

飛行機

大阪着の飛行機
大阪発の飛行機

ホテル・宿

ホテルの予約
The following two tabs change content below.
くーちゃん

くーちゃん

国内旅行を中心に気が付けば出かけてしまっています。田舎も都会も貪欲に見て回りたいと思っています。

関連記事