JAL予約特集!航空券の予約確認方法と他の航空会社との比較

初めて飛行機を予約するときにどの会社を選んだら良いのかわからない。JALとANAの違いはなにか、LCCとの違いはなにかなど初めてだと特に気になることが多いと思います。JALのサービス内容や特徴を把握した上で、国内の航空会社を横断検索できるサイトを使って格安で航空券を予約する方法を紹介します。

JALとは?

JALとは【Japan Air lines】の略称であり、東京都品川区に本社をおく航空会社【日本航空株式会社】のことです。国際線を多く運航している会社であり、同じく国際線を多く運航する全日空(ANA)と並んで日本の航空会社の最大手の存在です。JALは世界規模の航空連合でもある【ワンワールド】にも加盟しており、名実ともに日本を代表する航空会社といえます。

JALのサービス紹介

JALは日本最大手の航空会社だけあり、提供するサービス内容の充実度も国内屈指です。海外からのVIPが利用する機会も多く、サービスのランクは価格帯によって細分化されており、高価格帯のサービス内容まさにVIP待遇です。

JALの運航区間

JALは日本を代表する航空会社でありANAとならんで海外の玄関口として機能しています。ほぼ毎日欧米諸国をはじめ、あらゆる国際都市と日本を結ぶ国際線を非常に多い本数で運航しています。主要な国際線の空港は成田空港と羽田空港であり、とくに成田空港からロンドンのヒースロー空港までの国際便が高い搭乗率を長年維持し続けています。国内線は羽田空港から北海道、東北、北陸、近畿、九州、四国、沖縄地方と日本の主要空港はすべて網羅して運航しています。

チケット種類の紹介

JALはチケットの種類によってシートも変わってきます。一般的に飛行機のチケットによるシート(座席)の違いといえばエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス、などが有名ですが、JALはチケットを買うタイミング、つまり当日に買ったか一週間前に買ったか、などでもチケットの料金は変わってきます。基本的に出発の7日以上前までに買うと料金は安くなります。シートの種類はエコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネス、ファーストクラスの4種類に大別されます。

JALと他の航空会社との違い

sky (2)

運航区間数

JALが運用する運行区間数の合計は、国内線で52、国際線では117と日本の航空会社の中ではトップクラスです。さらに提携している航空会社の便、いわゆるコードシェアも含めると国際路線では395便、国内路線では131便と非常に多岐にわたる運行区間をほぼ毎日運用しています。

JALの国内の代表的な運航区間数

機内サービス

特徴的な機内サービスといえば国内線に限り、CAが和服でおしぼりやうちわを配布してくれるというサービスがあります。このような和のおもてなしサービスが好評を博したため、空港のラウンジに和風にするという試みがありました。日本を代表する航空会社だけあり機内は総じて清潔感と高級感のある仕様に仕上がっています。1980年に日本の航空が社で初めてのビジネスクラスを設置したのもJALでした。

現在ではファーストクラス、ビジネスクラスでは国内でも入手困難な日本酒の提供、出来合いの機内食ではなく、炊飯器による炊き立ての白米の提供、ナイトガウンの提供、などの日本的な細やかなサービスを展開しており、海外の顧客からも高い評価を得ています。

運航価格

運航価格はチケットを購入するタイミングと登場する時期によって大きく変わります。羽田空港から北海道や沖縄といった国内線での長距離運航の場合は概ね往復でエコノミーの場合、3万円程度が普通運賃の目安です。国際線の場合、例えば羽田からロンドンのヒースロー空港、つまり地球の裏側までの長距離区間は直行便の場合、前もっての予約で20万円弱、当日予約の場合は30万円以上が目安です(エコノミークラスの場合)

昨今台頭しているLCC航空会社、いわゆる格安をウリにする航空会社を利用すれば価格はかなり下がると思われますが、JALを含め、高水準のサービスを提供する航空会社の場合、運航価格の目安は以上のようになります。

JALの運航便はすべての席が事前予約、座席指定が可能です。もっとも手軽なチケットの予約方法はJALのWebサイトから予約です。公式サイトから搭乗日時、シートのクラス、座席の位置まで予約が可能です。それ以外では搭乗カウンターの窓口での購入、電話で問い合わせての購入方法などがあります。

チケットの予約は出発日から早いほど価格は安くなります。事前予約の割引サービスは、28日前からの【先得割引タイプA】、45日前からの【先得割引タイプB】、55日前からの【スーパー先得】、75日前からの【ウルトラ先得】の4種類を主に適用しています。例えば東京~鹿児島の国内線の場合、先得割引タイプAで12,700円~ですが、ウルトラ先得なら9,500円~となります。

マイル

JALはマイレージサービス、略してマイルというポイントサービスを展開しています。マイルはJALの航空券を購入することでマイルポイントが貯まり、貯まったマイルは航空券を買う際に利用できます。マイルを貯めるには航空券を買うだけではなく、JALと提携しているクレジットカードを利用することでも貯まります。そのためJALの飛行機には乗らなくてもマイルが貯まるクレジットカードで普段の買い物をして、貯めたマイルで航空券を買い、飛行機代はほぼタダで旅行、ということも出来ます。貯めたマイルは電子マネーに換金することも出来ます。JALのマイルのようなサービスは多くの航空会社が提供しているポイントサービス形態です。

<マイルの貯め方のコツ>

「マイルを貯めるならJALで!」と言われるほどお得なJALのマイルですが、貯め方には実はコツがあります。色々と方法はありますが、一番オススメなのは”マイルが2倍貯まる場所”で買い物を率先してすることです。JAL特約店に関しては、代表的な例で言うとファミリーマートや大丸・松坂屋などのデパートなど幅広い店舗はが登録されています。常に買い物をする際は頭の片隅にこの特約店の存在を忘れないように心がけておきましょう。

JALのここが気になる

座席の広さ

JALの座席規格はもっともコンパクトなエコノミーの場合、座席間隔は3-3-3です(ファーストクラスは1-2-1)。エコノミーは135席、プレミアムエコノミーは40席、ビジネスなら48席、ファーストクラスはわずか8席です。プレミアムエコノミーのほうがビジネスにくらべ席数は少ないですがビジネス、ファーストは座席をほぼフラットに倒してベッドに出来る等、より快適な空間となっています。この数字を見るとエコノミーがかなり窮屈な仕様であることがわかります。もちろん価格は上がりますが、JALの高水準のサービスならエコノミー以上のチケットでの快適な旅は魅力ですね。

車いすなど、補助が必要な方への対応

事前予約と付添人が一人以上必須ですが車椅子が必要な顧客にも対応しています。空港内はバリアフリーとなっており、機内でも化粧室が近い座席などを優先的に確保できます(要事前確認)また必要に応じて専門のJAL職員が介護補助も行います。機内では車椅子を無料で預かってもらえます。以上の点から、JALは車椅子が必要な顧客でも事前に予約さえすれば問題無く利用できます。JALは満3歳~12歳まで小児運賃で利用出来ます。原則として小児運賃は大人普通運賃の50%です。

ペットは一緒に乗れるのか?

ペットを連れての搭乗の場合、ペットを座席に連れていくことは出来ず、荷物同様、一時的に預けるという形になります。もちろん荷物と同様の扱いではなく、専門の獣医のアドバイスをもとにペットが快適に過ごせるように空調の効いた空間での丁重に預かってもらえます。ペットの預かりはチェックインの時に専用のカウンターで行い、特に国際線は動物の種類によって細かくルールが変わってきます。一般的な愛玩動物の犬や猫ならば比較的手続きは容易です。

JALとANAはどっちを予約すべき?

JALの予約を既に決めているのであれば話は別ですが、決めていない場合おそらくANAと迷われているかと思います。日本を代表する2大航空会社にはどういった違いがあるのか、特徴を抑えておきましょう。

JALの特徴はサービスの質の高さ

JALは一度経営危機に陥ってからというもの、驚異的なV字回復を果たしました。その根底にあるのは「世界で最も愛される航空会社になる」という理念であり、CA一人一人に浸透している点が魅力です。常にお客を観察して少しでも困っている様子を確認したらアプローチできる点は、接客業の鑑だとも言えますね。

圧倒的なマイルの貯まりやすさ

そしてもう一つのJALの特徴と言えば、なんと言ってもマイルの貯まりやすさに尽きるでしょう。噂ではANAの現役のCAさんも、彼氏にマイルがたまりやすいからという理由でANAを薦めているのだとか。価格やその他で明確な違いがないだけに、こういった違いがJALを選ぶ理由に繋がってきますね。

JALは国内トップクラスの高水準なサービスが魅力

JALは国内最大手の航空会社であり、世界の名だたる航空会社に肩を並べる国際的な航空会社です。運航区間はもちろん国内トップクラスであり国内外の多くの人がJALを利用しています。サービスは世界的に見ても高水準であり、料金水準は決して安くはありませんが、そのぶんだけ細やかで行き届いたサービスがウリであり、海外の顧客からも高い評価を得ています。体の不自由な人や、ペットの搭乗に対するサービスも万全といえます。これは昨今台頭しているLCC航空会社(格安航空会社)とは対極のビジネス戦略であり、選択肢としては良くも悪くも明確です。JALは多少料金が高くても、快適な空の旅がしたい、という顧客の要望に十二分に応えてくれる日本が世界に誇れる航空会社であるといえます。

TRIP STAR[ 格安航空券予約サイト ]

トリップスター

複数の航空会社の運賃を一度に比較することができます。片道のみの予約・往復での予約、どちらもストレスなく検索することができます。

リンク
http://japanflight.tripstar.co.jp/

関連記事